のんきまいずむ

無理なく楽しむナチュラルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

どうしようもない事なら仕方ない

 

仕事でも、色々な所属でもそうですが、

自分にはどうしようもないことで

あなたじゃダメと言われてしまったら

もう仕方ないですよね。

 

それは少し傷つきますけど、諦めもつきます。

 

私は人の話を聴くのが好きで、

お客様と接する仕事を選んできましたが、

今は顔面麻痺の影響で、接客は難しくなりました。

 

とてもショックではありましたが、

自分もずっと立っていることや、

長い時間お話をすること、

何より笑顔で接客することが出来ないと

分かっていたので、切り替えられました。

 

その場所の今の意向と合わなければ

どうしようもないことも分かっています。

 

こういう時に、病気をしたことや、

後遺症があること、

また、今も続く制度にはひっかからない

色々な症状があることがのしかかってきますね。

 

笑顔で接してくれる店員さんに

感謝の気持ちと、羨ましい気持ちが出ます。

いいなぁ、笑えてって思います。

 

そんな中、顔面麻痺のリハビリの動画を

見る機会がありました。

世間一般の「笑顔」ではないかもしれませんが、

その方は確かに笑顔でした。

 

大切な友人が

「かんちゃんは笑ってるよ。分かるもん」

と言ってくれたのを思い出しました。

 

ああ、自分が思うのと、他人が思うのは

いい意味で違う事も有るんだと思った瞬間でした。

 

今の自分でダメと言われたら、

今の自分で大丈夫なところで頑張ろう。

退院後に復職するにあたって、

私が決めていた事だったと思い出しました。

 

 

自分に出来る事、苦手な事を素直に話して

今の職場で働き始めたんだなと。

 

ダメと言われて恨むのは簡単ですが、

自分がどう見えているのか、気づける

いい機会だったと思うことにしています。

 

納得いかない事ももちろんあります。

性別がとか、年齢がとかは

どうしようもないものの最たるものですよね。

 

だから、そういうところは、

割り切って付き合う事にしました。

卑屈になる必要ないなって。

どうしようもないから、仕方ない。

これで行こうと思っています。

 

f:id:kngsbg:20210528011324p:plain

なるべくビニールシートのある

コンビニやスーパーに行っています。

店員さんもその方が少しでも安心かなと。

 

お店を開けていてくださるのは

本当に助かりますけど、ご家族も含め

不安を感じながらかもしれないなと思いますが、

その分こちらも出来る事はしようと思うのです。

 

↓ クリックいただけると励みになります。 

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村