のんきまいずむ

無理なく楽しむナチュラルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

入れ物だけじゃなくて

 

ある程度まとまった休みがある時じゃないと

動き回れないので、一念発起。

 

また引っ越しに向けて、「いる・いらない」を

する事にしました。

 

とにかく物が捨てられない人間だったので、

というか、今も本質は変わっていないので、

気を弛めると、すぐに「もったいないかも」だの

「まだ使える(使うかも)」等と、心の中の自分が

騒ぎ出すので、そこはキッチリと。

 

最初は、ミニマリストの方のブログ等を読んで

憧れてしまい、これを目指すぞ!と思ったのですが、

他の方のブログや、ミニマリストの定義の様な物をみて

すぐに諦めました。

 

結果的にそうなれたら、自分を最大限誉めてやろうとは

思いますが、段階を経てやらないと、捨てられない人から

急には無理。

 

そこで、まずは入れ物を決めようと。

いわゆる「これに入る分だけ」作戦。

私の場合は引っ越しという目的がありますから、

新居の間取りや収納、今後も使う家具等で

「これだけ」とすれば簡単じゃないか!

と思ったわけです。(我ながら単純)

 

けど、そうなると、「決まるまでは無理」って

なるんですね、私は。

間取りが決まらないと持っていく家具もわからないし

って、また言い訳を始めるわけです。

 

なので、何となく買い足した家具は処分して、

本当に気に入っているお気に入りの家具だけにし、

後は新しい所との兼ね合いで考えようと思う事に。

 

入れ物を決めようとすると、捨てきれなくなったら

入れ物自体を増やしてしまいそうな気がしました。

一見片付いて見えるかもしれないけど、

無理矢理押し込めてるだけってなりそうで。

 

もう心からスッキリしたい。

置いてあるだけの物はやめて、

本当に必要だから持っていくんだと

改めて思ったのです。

 

そうなってくると、全く物欲とか未練とか

どうでもよくなってきました。

何でこんなにこだわっていたんだろうと。

家計簿つけるつけるといいながら、

ずっと持っていたレシートとかも、

すぐにつけなきゃやらないんです。

 

そこまで自分は出来る人間じゃないんだと

認める所からやらないと、すぐ甘やかしちゃうので。

 

文にしてみると、ちょっと落ち込んできますが、

見直して時々思い返せるように、書いてみました。

頑張ろう。

f:id:kngsbg:20210416013856p:plain

新しい家で、周りを見渡して、

こんな感じでキラキラして見えるといいですね。

 

  ↓ クリックいただけると励みになります。 

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村