のんきまいずむ

無理なく楽しむナチュラルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

温度で決まるとは

 

たまたま見たのか、何でかは忘れましたが、

カメの性別が孵化する時の温度で決まると知りました。

「温度依存性決定」*1というらしいのですが、

そういう決まり方なんだと驚きました。

 

ワニやカメ等、一部の爬虫類だけらしいのですが、

たまたま孵化した時に雨で涼しかったとか

そういうのでも左右されるって事ですよね。

 

当然わいてくる疑問は、「偏ったりしないのか」。

温暖化で気温や海水温度も上がっていると聞きましたし、

きっとオス(メス)が極端に少ないとかありそう。

 

センサー代わりのたんぱく質があるそうなのですが、

温度で変わるという事は、いざとなれば

その温度下においておけば調整も出来るということ?

 

人間の生活様式で温暖化が進んだ半面、

人間の力で協力も出来てしまうかもということでしょうか。

 

実際はそううまくはいかないでしょうし、

そこまで逼迫してるか等、するしないの前に

考えないといけない事もたくさんありますが、

ちょっと複雑な気持ちになります。

 

技術や研究の進歩で、不治の病と言われていたものに

治療方法が見つかったり、

手術が簡単(というと語弊がありますが)になったり、

良い事もたくさんありますけど、

逆に難しくなったこともあるんだろうと思います。

 

今年は尊厳死に関するセミナーにも

参加しましたが、寿命がどんどん延びていて

年金をもらう様になってからも、何十年とある時代。

 

海外ではオランダやベルギーなどで認められていて、

スイスでもほう助制度があると聞きました。

いずれも条件があり、かなり厳しく審査(というのか)が

ある様で、やはりそこはそうであってほしいとは思います。

 

でも、生活レベルが下がっている状態で

寿命が尽きるとの時まで生き続けなければならないというのは

本当に苦しいことであろうと思います。

 

ギラン・バレー症候群で動けない時、

起き上がれる(座位になる)可能性が半々と言われて

「ずっとこのままなのかもしれない」となった時、

頭で考える事というのか、意識は元のままなので

やたらとくよくよ考えてしまって。

 

このままだったら、自分では何もできない。

このままの状態であと何年、何十年と過ごすんだ。

家族や周りの世話になるしかないんだ。

思えば思う程、どんどん思い詰めていきました。

 

 泣いても涙を拭くことも出来ず、

 ボロボロ泣きながら、徐々に冷静になって。

 泣いても仕方ないんだけどと思ったり、

ころころと気持ちが変わる毎日でした。

 

今の私は自分で起き上がる事が出来ていますが、

本当にたまたまだったと思っています。

 

病気になるって、皆に起こりうることなのに、

元気な時は考えもしないんですよね。

自分には関係ないって何故か思っていて。

 

カメの性別の話から、随分飛躍してしまった気がしますが、

色々と考えるきっかけになりました。

母は自分でさえまだなのにと笑いますが、

終活にも取り組み始めました。

何があるか分からないんだと心から実感したからです。

年齢に関係ないと思う様になりました。

終活を話すと、かなり驚かれますけどね。

 

引越もいいきっかけになるかと。

サッパリしたい。

 気持ちのいいものと、ちんまり暮らしたいと思います。

 

f:id:kngsbg:20210603003331p:plain

 

  ↓ クリックいただけると励みになります。 

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

*1:Temperature-dependent sex-determination:TSD