のんきまいずむ

無理なく楽しむナチュラルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

やらされてるかどうか

 

あっという間に年末なのですが、

しばらくしたら、またあっという間に春だとか

言ってるんだろうなと思います。

 

季節を感じる事が少なくなって、尚更なんでしょうね。

 

その春には引っ越すかもしれないと言いながら

私の片づけは相変わらず進んでいないのですが、

ちょっとした心境の変化がありました。

 

今までは「思い出」の言葉には連敗続きだった私。

思い出の品とか、手紙とか、頂き物とか

とにかく弱い、捨てられない。

 

小物でも洋服でも、本でもなんでも、

「何のために?」っていうような物まで捨てられず、

長年物が溢れた生活をしているので、今更なのですが

人間関係と同じで、物も服も変わるもの。

 

服も似合わないとか好みじゃなくなったとか

そういうのあるでしょ!

 

と言い聞かせながら分別しております。

そうしないと減らないんだもの。

いつまでも、ごちゃごちゃしているだけの

部屋にいることになるんだから。

 

常に自分に言い聞かせる感じ。

 

ですが、最近変わってきました。

言い聞かせている内はダメなんだと。

言い聞かせているから、無理してるというか

やらされている感がでちゃうのではないかと。

 

納得してないんだったら、それはやめた方がいい。

何となく、そう思いました。

自分だけしても、家族には言えないしとか

またギャーギャー言われるんだったら

このままでいいや、面倒だしとか

モヤモヤするくらいならやめた方がいいんですね。

 

進まないのは、迷いがあるんだなと思いました。

今までも分かっているつもりが、時間の事も有って

強制とか、義務になってしまっていました。

 

そう考えて、また違った開き直りを自分にすることに。

迷ったら散らかしたままにして、どういう部屋にしたいかの

イメージを浮かべる事に集中。

 

ここにこれを置いて、この収納をいかして、

新しくこんな家具を置くから、これはここに入るだけ。

 

それをすると、無理矢理感がなくなるのです。

自分のこうしたいに向かっていけるので、

またやる気が復活します。

 

子供の時から、やらされるのが嫌いなんですけど、

変わっていないんですね。

やろうと思っていた事をやる様に言われると

「もうやりたくない」ってなる子で

その上ギリギリまでやる気出さないし、

我ながらごめんなさいって感じ。

 

なら、そこをうまく使わないとです。

時間は待ってくれないし、後悔もしたくないし。

絶対に引っ越してよかったって部屋にします。

 

f:id:kngsbg:20200730203947p:plain

こうやって見てる時間多いんだろうなと

自戒を込めてイラストを見ております。

 

↓ クリックいただけると励みになります。 

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村