のんきまいずむ

無理なく楽しむナチュラルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

ゆっくり読み込みたいけど実際は。

 1年計画で、月に1回のオンライン講座を受けています。

 

1年分の講座料は支払い済なので気が楽。

毎月って結構面倒なので、年払いやまとめての方が

私は助かります。

(何せ忘れっぽい)

 

ただ、思ったような内容じゃなかったりとか、

途中で嫌になったら辛いですよね。

今回は、以前受けた事のある方の講義だったので

安心だったのは大きかったです。

 

単発というか、1回セミナーなどを受けて、

雰囲気とか進め方とかを見た物に限るかなと。

セミナーなどは、結構まとまった金額になることも

多いですし、もったいなかったとは思いたくない。

 

講座で資料を見ながら(今はオンラインで共有ですが)

説明を受けるのですが、分かりやすくて、事前に

配布して下さるのでありがたい。

 

時間や体調が許す限り、事前に資料を読んで、

当日見ながら受講して、終わった後に再度見返してとか

しているのですが、なかなかちゃんと読めません。

 

ドライブ保存して、通勤の合間とか

家でもちょこちょこ見るようにはしているんですけどね。

色々なところから資料や進捗報告が来たりすると、

内容ごちゃごちゃになったりします。

 

今受けているのは、各国の医療制度について。

病後に受けている色々なセミナーで、

「日本の皆保険制度」について出てくることが多くて。

 

産まれた時から当たり前の様にあったので

他の国と比べて特殊というか、特別と言われても

全く実感もなく、そうなの?って感じ。

 

ならば、外国の制度を学びたいと思ったのです。

どういうところが特殊というか、特別なのかを

知りたいなと思って。

 

救急車が有料だったり、住所でかかりつけ医師が

決まっていたりと本当にさまざま。

 

日本での当たり前は、外国では違うんだと

今更ながら感じた、いいきっかけになりました。

せっかくの機会なので、資料もじっくり読んで

しっかりと学ぼうと思います。

 

f:id:kngsbg:20210330011720p:plain

でも、正直学ぶときは画面・マイクOFFが助かります。
飲み物とかも気にせず飲めるし、

何より集中できますよね。

たまにふと見ると、猫が邪魔しに来たりして

和んだりするのも素敵ですが。

皆一斉に笑っちゃったりしてて、ホッとします。

 

せっかくいただけた資料なので、

ゆっくりでも読み込んで、アーカイブもあるし

お休みにでもじっくり。

 

そういう時間が今は楽しいです。

 

  ↓ クリックいただけると励みになります。 

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村