のんきまいずむ

無理なく楽しむナチュラルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

階段が怖くなってしまいました。

 

マスクをしているからかもしれませんが、

階段の昇り降りが辛いと感じる事が増えました。

 

f:id:kngsbg:20210313222807p:plain

 

こんな感じで、手すりにつかまってやっとという日も。

特に寒い時期は、体調の悪い日が多いので、

平地に着くと眩暈がするので、邪魔にならないところで

しばらく休んでから動くようにしています。

 

今日は乗り換えの時の階段で

膝が「カクッ」となりそうな感覚が久しぶりにあって、

ハッとしてすぐ力を入れたので大丈夫でしたが、

気を抜いていたら膝から崩れて落ちていたかもと思うと

一気に怖くなりました。

 

リハビリ病院に入院中、階段の昇り降りの練習がありました。

段数で7~8段位だったと思いますが、PT(理学療法士)の先生が

一緒に昇り降りしてくれているし、余り不安は感じませんでした。

 

その時の方が、足の運びはロボットの様でぎこちなく、

膝も伸びたままでカクカクした動きでしたけど、

気持ちの上では安定していた気がします。

 

退院して、通勤や外出で階段を使う様になったら、

特に降りる時に、急に不安感が襲ってくる日があるのです。

1~2段降りると、「今日はダメな日かも」と。

 

膝が抜けそうな気がするというのか、

上手く言えないのですが、ちゃんと歩けないって感覚。

「頼むからもって」と体に言い聞かせたくなる感じ。

 

発症から3年経っても変わることなく、

朝起きた時や、立っている時間が長くなった時、

照明が明るすぎる場所にいる時や、外出時間が長い等

様々な他の状況下でも、とても不安になります。

 

ここまで考えて、気が付きました。

体力だ。

体力が減ってくると、本能的に不安になるんです。

 

ギラン・バレー症候群は、元々体力というか

持久力がないので、リハビリでも

「無理しないで。足りないくらいでもいいから」

と言われてきたんですが、

急に血の気が引く感じになって、

動けなくなったりするからだと思います。

 

階段は、降りる時の方が大変だとリハビリでは言われていて、

当時は昇る方が足の力が要る気がして怖かったのですが、

今はその意味が分かりますし、実感しています。

 

いずれにしても、体力が減ったと体の方で感じると

本能的に不安を感じると改めて分かったので

この感覚を大事にしておこうと思います。

 

無理はしないようにしているのですが、

体が教えてくれないと、無理していると

自分では気づけていないことが増えています。

本能に感謝です。

 

  ↓ クリックいただけると励みになります。 

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村