のんきまいずむ

無理なく楽しむナチュラルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

寝る時用はこんなにいらない。

 

布団のそばに、ちょっとした入れ物があります。

 

要するに大きめのカゴなのですが、退院直後で

ちゃんと洋服やら、通院や通勤用のバッグとか

身の回りの物の整理が難しかった時に使っていて

未だに置いてるというだけなのです。

 

ちょうど、洗濯物を取り込んだり、干したりする時に

使うような大きめのカゴを想像していただけるとピッタリ。

 

プラスチック製で、大きめの持ち手がついています。

結構場所を取るのですが、掃除の時とかに移動が便利で

帰ってきてすぐとか、休まないと次動けない様な時に

ないとどうしようって感じなので、片付けられず。

 

今はその中に、交換用のシーツや枕カバー、

ひざ掛けやパジャマが入っていて、

空いたスペースに普段使いのミニショルダーと

通勤用リュックが収まっています。

 

休みが終わり、さて通勤用のリュックに

ハンカチタオルやら予備のマスクやらを入れようと

カゴに近づいた時、ふと気が付いてしまいました。

 

寝る時用のパジャマ代わりが多すぎる。

 

先日、いいパジャマを買ってなんて書いた様な

記憶がありますけど、ここがなかなか減らせない。

 

急に体温が下がってしまい、うずたかく布団を積み上げた中に

籠って短時間冬眠をする私は、ひざ掛けやショール、

着る毛布にモコモコの靴下等、短期冬眠グッズが山盛り。

 

更に日によって肌にあてて寒さが和らいだけど

代わりに蕁麻疹がというのも毎回のようにあるので

生地の種類も色々あって、パイル地ならいいけど今度寒いとか

我ながら「面倒くさい!」ってなります。

 

Tシャツならほぼいいので、夏はそれでいいのです。

寒い季節は、とっかえひっかえ着替える事も。

なので、ついついあれもこれもととっておいてしまって。

 

でも、表示を見てみたら、材質が同じだったり、

肌にあててみて、これならこの状態と、あの状態でいけそう等

吟味を重ねて減らせることが分かりました。

 

結局、「使うかも」「こうなった時にいるから」とか言ってたら

物は減らせないんだと改めて覚悟を決めました。

 

マフラーやショールも、同じ様な色を好きで買ってしまって

デザインも似たようなものがあることに気が付いたので、

制服化した洋服に合わせやすい物だけ残して処分する事に。

 

肌の色からダメと言われたのですが、

アースカラーが大好きなので、ブラウン系が圧倒的に多い。

とりあえず小物も含めて並べてみて、合わせやすい物を厳選しました。

 

これでカゴには入れずにしまってあった物が

カゴにおさまりそうなので、引き出しがあきました。

箱にいれて棚に載せておいた小物類をしまうことが出来そうです。

 

次はもう一回カーディガンとかを見直します。

あれもついつい、色違いで残してしまっていますが、

今日のやり方でいけば、絞り込めそうです。

ちょっと楽しくなってきました。

 

f:id:kngsbg:20210125004836p:plain

足が冷えやすくて、ひざ掛けが手放せません。

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村