のんきまいずむ

無理なく楽しむナチュラルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

今年は特に冬が怖い。

 

まさかこの季節になってもマスクが手放せない生活とは

去年の今頃は思っていませんでした。

 

手洗い・うがい・マスク、消毒などは続けていますが

正直「まあ大丈夫だろう」って思いは、多くの人が

持っていたと思いますし、私もここまで続くとは、でした。

 

近所の方と家の近くであっても、お互い距離を保ったまま

手を振り、頭を下げて挨拶。

 

気のおけない月例会(という名の食べ飲み会)仲間とも

いつから会えていないんだろうという位。

移動しなくていいオンラインは私には助かりますが、やはり寂しいですね。

 

寒くなると、インフルエンザもあるので怖いとされていましたが

インフルエンザは少ない傾向とのこと。

気管支に持病のある母はインフルエンザの予防接種を

受ける事が出来、まずは一安心。

 

私は、以前も書いた様に、ギラン・バレーが怖くて

遠慮したいので、今年もインフルエンザワクチンは接種せず。

 

勧められることも多いのですが、どうしても怖くて。

新型コロナウィルスの予防接種も同じなので

「かんちゃんはワクチン来ても打てなさそうだね」と

言われているのですが、どうしたらいいものか。

 

なので、今年の冬はコロナ、インフルエンザ、

更に体温調整が出来ない事からくる悪寒や眩暈等で

本当に寒くなるのが怖くて仕方ありません。

 

なのでもう最低限しか出かけることはせず、

お正月も閉じこもる感じで行こうと思います。

東北や大阪に行って、会いたい人に会いに行きたいけど

今いく事は出来ないし、本当に寂しい限り。

 

周りの人も、それぞれ持病などを抱えている人も多く、

自分が保有しているかもしれない可能性がある以上、

迷惑になることはできませんし。

 

早い段階で多くの人の検査をしてほしかったと

近所のシニア世代の方が言っていました。

その方が治まるの早かったんじゃないかと。

それもそうですし、渡航者を止めててくれたらとか

色々政策には不満が出始めてますよね。

 

出来る事をというのも、限界はありますけど、

最初に大げさと言われても、色々国主導で

止めた方がよかったのかなとつい考えてしまいます。

 

電車で隣の人がペットボトルの水を飲むのに

マスクをずらして飲み始めたら、

その隣の方がとても嫌な顔をしていました。

私は飲みたい時は人がなるべくいないところで

ササッと飲むようにはしてるので、気持ちは分からなくもないです。

 

でも、そうなってしまう位、ずーっと気を付けて

注意しての生活が続いているんだなと改めて感じました。

 

お花を見に行ったり、花火を見たり、

当たり前だったのに、何だか遠い昔の様な気さえしてきます。

来年は季節を感じる行事も再開できるといいな。

 

f:id:kngsbg:20210118213016p:plain

顎に引っ掛けて飲むのはダメなんだそうです。

家族がしていたので伝えました。

 

  ↓ クリックいただけると励みになります。 

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村