のんきまいずむ

無理なく楽しむナチュラルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

日にち薬【ことば綴り】

 

「日にち薬」という言葉を知りました。

 

京都の方が使う言葉の様で、

時間の経過が、辛い事や悲しみを癒してくれるという

意味合いの様です。

 

私の目指す、ゆるいシンプルライフを

「ちんまり暮らし」と名付けていますが、

この「ちんまり」も小さくまとまっている様子を表す京ことばだそうです。

 

「ちんまり」の言葉の響きが好きなのもあって名付けたのですが、

私のイメージするこういう暮らしっていうのに、ピタッときたんですね。

 

言葉の響きって大事だなと思います。

同じ事を言っても、全く響かないとかありますが、

口調や声、間合いとかと同じくらい、言葉選びって大事だと感じます。

 

話は戻って「日にち薬」。

何で見たか、はっきり覚えていないのですが、

雑誌の記事か、どなたのブログか・・

Twitter とかも見るので、本当に分からなくて。

 

でも、これもものすごい発見位に感じました。

「時間が解決してくれるよ」って言われるより、

「日にち薬っていうからね」って言われた方が

私は何だか、胸に沁みます。

 

他の地域でもそうなんですが、

やはりその土地の言葉って時折「ハッ」とするものが

ある様な気がしますね。

 

この言葉良いなって感じる物、多い気がします。

標準語より、柔らかいからなのか、言い回しなのか。

何とも洒落ているのもありますよね。

 

この言葉は、地元の言葉でこういわれないと

何かぴんと来ないとかあるものなのかも。

やっぱり、言葉って大事ですね。

 

f:id:kngsbg:20201224012244p:plain

京都にもまた行きたいな。

  ↓ クリックいただけると励みになります。 

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村