のんきまいずむ

無理なく楽しむナチュラルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

ジーンとしてるか、ピリピリか

 

寒くなってくると、特になる、手の話です。

 

特に寝起きがひどいのですが、

5本の指全体が、体の下敷きにでもしてたかの様に

ジーンと痺れています。

 

そして曲げ伸ばしが出来なくて、

しばらくじーっと手を見ている感じ。

(体もすぐは動けないので、それしかできない)

 

最初の頃は家族から

「どうしたの? 手を見ちゃって」と笑われてましたが、

さすがに最近は「また痺れてるの? 曲がる?」と。

 

調子のいい時は痺れはなく、手自体も温かいです。

外に出していたか布団に入れていたかで違うなら

まだ分かるのですが、それも関係なく。

 

布団に入っているのに、ずっと寒い屋外で立っていたか

お水で何か洗っていたかの様に冷たくなっていて

なにこの体温って自分でも思います。

 

それで、手が温かい時は、強い痺れはないですが

軽い痛みというか、ピリピリした感じがあります。

ちょうど低周波をあてた時の様なピリピリというのか

微かに痛いという感覚です。

 

痺れは朝ほどではなくでも常にあって、

字を書いたり、野菜の皮をむいたりなど

指をしばらく使うとひどくなります。

 

そうするといつもとは違うなって思うやいなや

変に動かすと変な角度に入るみたいで

指があちこち攣り出してえらい目にあいます。

 

これくらいやるとが、している内容や時間、

その日の体調や気温、天気などで違ってて

3年経った今はある程度の予想は出来ます。

 

でも、急に攣りとか、体温低下による悪寒、

眩暈や貧血、腹痛、頭痛、急激な眠気等

症状が多いのでどれが来るかは分かりません。

 

無理をしちゃいけないとはいわれますし、

本当に様子をみながらちょこちょこ進めているのですが

「ここで来るか!」もよくあって、我ながら難しい。

 

年月が経てば経つほど、周りも忘れてくるし

自分でも出来る事が増えて無理と思わず限界を超える事があるので、

自分が一番自分を心配すると決めています。

 

ホントに大丈夫? まだ出来る?と

自分で自分の体に聞きながらやっています。

 

どんな病気でもそうなんだと、最近色んな病気を持つ方と

お話して感じました。

 

周りから見て分からない感じがしても、

ご本人は辛い思いをしている事があるんだなと。

言いにくい時もありますし、特に仕事関係は

隠して働いている人も多いと思います。

 

でも無理しないで欲しいなと。

これを手伝ってもらえたら楽とかは言えるといいのですが。

なかなか難しいですよね。

 

とりあえず、これからの季節、

洗顔前に手をお湯につけて、コンタクト入れてが

朝の日課になります。

 

眼鏡新しいの欲しいんですけどね・・。

冬は握力なくなって良く物を落とすので、

買うのは暖かくなってからと我慢です。

 

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村