のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

モヤモヤを考える

 

今日は、P-PEC主催のイベントに参加しました。

「みんなでつくろう、これからの医療」プロジェクトの

第2回Web セミナーになります。

 

今年はオンラインでのイベントが主なので、

私も体調に余り気兼ねせず申し込みが出来ていますが、

セミナーで、グループワークがあると緊張しますね。

グループワーク自体に慣れていないのもあって、

初めて会う方ばかりですし、皆さん知識もあるので

的外れな事を言っていないかと、つい不安になったりして。

 

でも、最近はファシリテーターの方が必ずいて下さる会が

ほとんどなので、さりげなく導いてくださり、安心です。

立場や経験の異なる人が集まると、気づきが多くて、

終わった時には皆さんスッキリとした笑顔に。

実際に会場での開催の雰囲気を知りたくなる程。

 

普段は聞けない医療現場の方のご苦労や悩み、

医療を学んでいる学生さんの率直な疑問や熱意等

こうした機会でもなければ、知らずにいただろうと思います。

緊張しますし、終わって冷静になってから

自身の反省で落ち込んだりもしますが、楽しい。

 

今日のテーマは

「それぞれの立場からモヤモヤを解消するカギ」

 

モヤモヤって、思ってもその時の優先事項に押されて

忘れてしまう事がほとんどです。

まあいいかにすらならない事もあったりして。

特に私は、深く考えずに、とりあえず次これやらなきゃ

みたいに流してしまう事が多いなと気づきました。

 

今日、改めてモヤモヤを考えるとなった時に、

こうだったらと思っていたであろうことを思い出すのに

結構苦労しました。

 

本当に些細な事だけど大事な事が、もっとあったはずなのにと

それにモヤモヤしたりして。

 

病気を持つ人、医療従事者や家族など支える人が

病気を持っていることで自分らしさを失わずに

自分らしく生きていける様な社会に。

 

病気を持つ人に、どう接したらいいのか分からない。

そんな社会は理想だと思うけど、何から始めるのがいいのか。

そもそも、自分にも出来る事があるのか。

そういうのもモヤモヤなんですよね。

 

でも、その事を考えたり、知ったり、

興味を持つ人が増えたりというだけでも前進していると

お話された方がいましたが、その通りだと思います。

 

何かのきっかけで興味を持つ。

それが大きな変化の一歩になるかもしれない。

そんな気持ちにさせてくれたセミナーでした。

 

f:id:kngsbg:20201109013529p:plain

想像以上に盛り上がりました。

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村