のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

季節感がない

 

今年は季節感がないまま過ぎていく感じですが、

9月半ばは、まだ秋らしさは感じませんね。

 

マスクしているせいか、息苦しい感じはするし、

汗でかぶれてしまい、家に帰ってうがいなどをして、

部屋で外せるとホッとしたりして。

 

元々暑さに弱いので、正直早く落ち着いてと

毎年願ってしまいます。

 

でも、子供の時は9月って秋の印象で

スーパーで鍋やおでんの具材が前面に来たり

服もニットやコートが並んだりし始めて秋だなと。

 

でも今年は何もさせてもらえないまま

季節だけが過ぎていく感じで寂しいです。

春のお花見も、夏の花火大会もなく、もう秋。

あっという間に2020年は終わってしまいそうですね。

 

なので、せめて食べ物だけでも季節感を感じたくて

なるべくスーパーなどに行くと旬の食材を選ぶ事に。

果物も梨、柿、葡萄が入り口近くの目立つコーナーに

置かれる様になりました。

 

秋の味覚、サンマもすっかり高級魚になってしまった感じ。

スーパーで見かけても手に取りにくいお値段で。

漁に出ている方も大変だろうなと思いつつ、

気軽にはいただけず、寂しい限りです。

 

栗やサツマイモ、カボチャも美味しいですね。

カボチャの煮つけは、たまにものすごく食べたくなるので

作るのですが、何故か家族もそんな気分なのか

あっという間になくなるので、闘いです。

だからといって鍋一杯作るのも・・。

足りないくらいがいいのかな。

 

食べ物以外だと、散歩での楽しみは、金木犀でしょうか。

秋と言えば金木犀の名前を挙げる方も多いです。

花言葉が「謙虚」「初恋」だそうで、香りがいいのに

小さい控えめな花を咲かせるからとか。

三大香木の1つと言われていて、

春の沈丁花(ちんちょうげ)、夏の梔子(くちなし)と金木犀。

 

挿し木で増やすことが出来ることもあるのか、

花の後に実がならないそうです。

木で実がならないって、びっくりしました。

日本に入って来た時、雄木ばかりだったとか?

詳しくは分かりませんでしたが、不思議ですよね。

 

それにしても、春から秋は、

いつもなら他にもフラワーパークや公園、

ご近所のガーデニングなどで楽しませていただいてますが

今年は難しかったですね。

 

来年こそは辺り一面に広がる花畑を見たい。

マスクしないで歩けるのはいつになる事か。

これから寒くなりますし、まだまだ怖いですね。

もう一度気を引き締めようと思います。 

 

f:id:kngsbg:20201106005925p:plain


金木犀

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村