のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

To Do リスト

 

しっかりしていると言われる部分と、

抜けてる所の差が激しいなと我ながら思います。

 

苦手な事は、本当に苦手・・

取り組むのは何でも遅めですが、 

何となくはかどらないというか。

 

 

仕事面でも、気持ちの面で自然と「ここまで」となっているのか

何となく違っている気がします。

 

仕事なので、誰かに投げるとか、手を抜くとか、

間に合わないとか、周りにご迷惑がかかる様な事は

当然しませんが、自分の中で分かるって感じです。

「ああ、これ本当は嫌なんだな」って。

 

人の名前と顔を覚えるのも本当に苦手で、

新しく入った人の名前と顔が全く一致しません。

そもそも紹介されたりしない人も多いし、

話す機会もないと全く。

 

〇〇さんに渡しといてとか言われるんですが

どの人だってなってしまって。

一応、ご挨拶したら名前と特徴を控える様には

しているんですけどね。

得意な方に秘訣を聞きたい。

(もはや切実)

 

とはいえ仕方なくやらなきゃいけない事ばかりなので、

 to do リストを愛用。

優先順位を考えながら仕事をしなさいと

最初に始めたバイト先の管理者から言われて、

配られたノートにリストを作って順位つけてを

やっていたら、習慣付けされました。

 

今はプライベートはスマホアプリ、

仕事は100円ショップの to do リスト付箋です。

 

内容が変わることも多いので、付箋紙に通し番号をつけて、

A6サイズのノートにポイントや注意事項を書いたりして。

すぐに終わることは付箋だったりしますが、長期な物はノートに直接書きます。

 

こうして書くと面倒そうな感じですが、

聞かれてもすぐに進み具合も分かりますし、

悩まずに次々出来るので、慣れてしまえば私には楽です。

 

実は今の会社に勤めた時、字を書くのが苦手だったので、

字を書くことのリハビリの為、よりキッチリ書く様になりました。

入院で1年程ブランクもあったので、尚更早く覚えたくて。

 

その話はまた書くとして、早く書ける様にと

必死に書くのを練習したので、癖になってしまったのかも。

 

たまに余りにもリストに書いてあることが多すぎて、

見ただけで戦意喪失したりして。

特に週明けは多くなりますが、最近は断る勇気を持てました。

出来ないなら出来ないって言わないとですよね。

 

そういえば、最初はクライアント毎に色分けしたりとか

業務ごとの付箋を分けたりもしていましたが、

変にこだわるとそれに時間がかかってしまうので

今はシンプルそのもの、メモも短く簡潔になりました。

 

ここのところ、受けているセミナー関係の提出物を

よく忘れていてギリギリになっているので、

プライベートの方がきっちり書いてます。

そろそろ復習する時間も作らなくては。

 

 

f:id:kngsbg:20201021005615p:plain

 

  

 

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村