のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

パジャマもいいな

 

最近パジャマもいいなと思い始めました。

 

きっかけは、これまた入院です。

入院手続きの時に「前ボタンのパジャマを用意してください」と

言われたからです。

 

ギランバレーで全く自分では動けなくなったので、

清拭*1

着替えの為にとのこと。

 

急性期病院入院中は、常に点滴の為に

静脈ルート確保*2されていたので、脱ぎ着は余計大変。

 

診察→即入院だったので用意もなくて、

中学生位からはTシャツに短パンで寝ていたので

そもそも持ってないと家中で大慌て。

 

入院手続きと検査が終わった後、私はほとんど記憶がなく、

多分寝てしまったのだと思うのですが、

後から聞いたら次に着替えるまでにということで

とりあえず前開きの病院着みたいなのをお借りしました。

 

パジャマは持参する病院だったので、

翌日家族が買ってきてくれて、入院中は3枚のパジャマに

お世話になりました。

 

母の好みで可愛らしいデザインだったので

看護師さんからの評判は良かったのですが、

本人は恥ずかしくて仕方なかったです。

 

その内、これもいいかなんて思いましたけどね。

(多分慣れた)

 

結局リハビリ病院でパジャマは自分では着られず

Tシャツ、短パンに戻ってしまったのですが、

退院後にせっかくなのでと自宅で着ていました。

 

さすがに生地が傷んできて、感謝しながら徐々に処分。

寒くなって来たので、長袖パジャマを買い替えようかと。

 

ちんまりとコンパクトにまとまった暮らしにしたいので

まず皆さんはどうされているのかなと、ブログや雑誌を見てみました。

 

ミニマリストの方でも、パジャマを着ている方が

結構いらしたので、ちょっと意外でした。

 

最低限に衣類もされているのは、ブログ等でよく

拝見していたのですが、パジャマをどうするかとか

余り読んだ記憶がなくて。

 

室内着を作る方と、作らない方、

1枚自分好みのパジャマを買って、

オールシーズン来ている方等参考になりました。

 

私は今、通勤着と普段着の差がほぼなくなってきて

休みでも仕事でも同じ物で着まわしていますが、

まだまだ絞り切れていなくて、肌になじんだ衣類を

パジャマ兼室内着にしているのですが、

室内着を作るとどうしても枚数が増えてしまいます。

 

今日は入院時に買ってもらったパジャマを着ました。

パジャマって、何だか着ると「さあ寝るぞ」って

切り替えられる気がしていいな。

 

お仕事頑張ったし、ちょっといいパジャマを買って

大事にまた着ようかな。

しばらくはパジャマ検索にはまりそうです。

 

f:id:kngsbg:20201016005751p:plain

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

*1:タオルなどで体を拭いて清潔に保つ事

*2:静脈路確保。静脈内に針等で道筋を作り、必要な時に薬剤等をそこから投与出来る様にする