のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

畳が落ち着く。

 

子供の頃から、畳が大好きです。

 

自分の部屋はフローリングの事も多いのですが、

必ず1部屋は畳がないと、何となくガッカリ。

 

両親も畳の部屋が欲しい派なので、

1部屋もなかった記憶はありませんが、

ギランバレー症候群になる少し前から

自室の隣の畳の部屋で寝ていました。

 

その後、入院中の外泊も、退院後も、

お手洗いが近いという事で、普段とは違う和室へ。

今もそれが続いていて、ブログも座椅子に座って

和室で書いています。


ただ、正座は出来ません。

軽く正座風にはできますが、

数分で足が攣ってきます。

曲げる角度とかでなるんですよね。

 

寝る時も、起き上がりが自分で出来る様になったので

布団で寝ているのですが、暑い時期は動き回り過ぎ。

 

どうにも畳のひんやりを無意識に求める様で、

腰から下だけ畳の上にはみ出したりしてて

余りの寝相に笑うしかありません。

エアコン切れると動き回るみたいなんですよね・・。

 

とにかく大好きな畳なのですが、

下手に物を置くと、傷ついたり(フローリングもですが)

掃除もしにくくなってしまうので、

「理想は8割」をここにも適用することにしました。

 

私は前々から言ってますが、ミニマリストや

シンプルライフに憧れてはいますが、

完璧にはなれそうもありません。

 

ある程度物がないと落ち着かないところは

まだ完全に変わっていませんし、

徐々にシンプルにして、最後はちんまり暮らしたい。

 

なので、まずは8割位にしようと決めています。

何でも8割。

食べるのも、家具の中身も、部屋の配置も。

まずは今まで通りの8割にしてみようと思っているのです。

 

考え方もだいぶ変わりました。

仕事でも、これもあれもちゃんとやらなきゃと

パニックになりそうになっていましたが、

請け負うのも8割。

 

手が空いたら追加で受けることにしました。

その方がミスも少なく、きっちりできますし、

慌てやすい私にはそのほうがいいんだなと。

 

家計簿も、1円でも狂うと嫌な時期もありましたけど、

病後は付けるのも大変なので簡略化。

簡単に出来るアプリもたくさんありますしね。

 

片付けもキッチリを求めすぎると

楽しむことが出来なくなるので、

まずは元の8割。

 

家具もそれに伴い、8割。

中味も8割。

 

そう考えると、気楽になりました。

疲れたら畳でゴロンと。

何とも適当で進んでいない様に見えると思いますが、

それが私の今のペース。

 

8割だと、把握できるんですよね。

これとこれがあるって。

で、季節後に着つぶす感じ。

 

制服化して、悩まなくていいのも楽です。

組み合わせだけですものね。

ああしなきゃこうしなきゃには疲れました。

自分で自分をこき使ってましたからね。

これからはのんびり。

 

f:id:kngsbg:20200903015225p:plain

そろそろ張替えしたい。

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村