のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

参加したい予定程重なる

 

7月以降、我ながら無理では?と思う程の

予定を入れている私なのですが、

最近聞きたい講座やセミナーに限って

何故か日にちも時間も重なって、

涙を呑む日々が続いております。

 

週末も元々参加が決まっていた大切なオンライン講座があり、

その前に参加したかったオンラインイベントがあったので

迷ったのですが、イベントを前半だけ参加させてもらう事に。

 

ちょうどオンラインの種類が違ったので、

ご迷惑をかけないタイミングでイベントを退出、

講座に出席しました。

 

前半だけでも聞けて良かったのですが、

本来なら開催場所まで行ってですから、そんなこと無理ですよね。

オンラインありがとうな気持ちになりました。

 

講座やイベントを聞いていて、いつも思うのですが、

やはり代表を務める方、主催者の方の話し方や声のトーン、

言葉の選び方は勉強になりますね。

 

こういう風に話を進めるのかとか、

表現の仕方や説明方法、資料の構成などももちろんなのですが、

たまに挟んでくるエピソードで、参加者が思わず笑顔になったりして

何ともいい雰囲気なんですね。

そこまで無理でも、せめて分かりやすい説明が出来る様に近づきたい。

 

実は受けている講座の1つの進め方のスピードが私には速すぎて、

もう頭の方がシャットダウン寸前で、ノートは取るけど

質問したいことが分からないかも位で。

 

なので時折癒されるイベントや講座も申し込んだりして

自分の頭を甘やかして、やる気を繋いでいたのですが、

こうやって自宅にいながら学べるなんて、改めて有難いなと。

 

私は通う場所も時間帯も制約があるので、

最初からあきらめていたことも多かったんだしと

今日も穏やかで癒される講師の方のお声を聴きながら

改めて思い直しました。

 

病気になって、出来なくなったことも多いけど、

こうやって新しい世界を見せてくれたのは大きいです。

なってなかったら、患者会にも行ってないし、

市民参画や医療や薬の事に興味を持つこともなかったでしょう。

 

何より、自分でご飯を食べ、生活に必要な事を自分でする事に

何の疑いも持たず、体の声を聴こうともしていなかったと思います。

 

そういえば、セミナーの為に予習をしたりもしますが、

ある資料は、寝るのに最適なんですよね。

もう開いたらすぐ眠くなります。

私の慢性不眠症には効果がありますが、

最初の3ページくらいで全く進みません。

 

昼間でも昼寝してしまいそうなんですよね。

カタカナが多いからかな。

読みにくくて、拒否反応がつい。

 

f:id:kngsbg:20200820014532p:plain

講義中は、ものすごい集中できて楽しいんですよね。

この位学生時代に聞けてたら・・と

しみじみ思います、本当に。

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村