のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

3歳になれた!

f:id:kngsbg:20200819014315p:plain


 

入院中から練習していて、

ようやく出来るようになりました。

 

お子さんが年齢を聞かれて

「3歳!」

と答えながらする、3の形。

 

親指で小指をおさえ、

残り3本の指を伸ばしているあれです。

 

入院中は、親指も小指も

重なるまで近づけることが出来ず、

ドアノブをつかむ直前位の手の形に

するのが精一杯。

 

それもそのまま維持できず、2~3秒で戻ってしまうので、

3歳どころか、2歳(ピースサイン)も出来ませんでした。

 

退院間近になって、ようやく不完全ながら

2歳は出来る様になりましたが、人差し指と中指は

完全に伸びてはおらず、おまけで出来てる認定。

 

OT(作業療法)の先生と、「今は2.5歳、目指せ3歳!」で

練習していたのでした。

 

今は一応、親指で小指を抑えてますし、

5~10秒程ですが、残り3本の指も伸びています。

出来た時は嬉しかったのですが、実はまだ右手だけ。

先に回復が見られた左手は、小指が親指側に曲げられず、

薬指も完全には伸びないので2.5歳かな。

 

左右で出来る事が違ったり、差があるのは他にもあり、

目は左目の方が視界が狭く、疲れやすく、焦点が合いにくいですし、

片足飛びは、左は少しなら飛べますが、右は怖くて出来ず。

食事の時に、スプーンを使うなら左の方が上手。

 

最初にバランサーを使って、食事の練習をしたのが

左手からだったせいか、今でも左の方が食べやすいのです。

 

ふと思い立って、両手の指を揃えてちゃんと伸ばしてみました。

相変わらず、両手の小指は意識しないと丸まっています。

本人は伸ばしたつもりなのですが、目で見ると曲がっていて、

改めて「伸ばさなきゃ」と思わないと伸びません。

 

そしてその小指は協調性もないらしく、

1本だけ外側に離れてしまいます。

かなり強く力を入れても、伸ばした状態では揃えられず、

2cm位の隙間が空いています。

 

さらにじっと止められないので、

ふるふる動いてしまいます。

 

ここはまだ変わりがないところです。

でも、食事もスプーンしかダメだったのが

今は補助箸を使ってなら食べることが出来ます。

 

麺類は口の動きが悪く、未だに苦手なのですが、

麺類大好きなので、めげずに食べています。

自分な好きな物の為なら、頑張れますしね。

 

次は両手揃って3が出来る様に、練習したいと思います。

ここまで2年かかってますけどね。

5年目に入るまでには何とか出来るかな?

指を揃えて伸ばした時に、痛みがあるので

それもマッサージと練習で薄れたらいいなと思っています。

 

焦らずゆっくりですね。

 

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村