のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

伯母の四十九日法要に行ってきました。

 

伯母の四十九日法要へ。

 

ことごとく雨や雪(しかも強目の)だった父とは違い、快晴。

改めて日頃のナントカだよねと、母が出掛ける前に仏壇に言っていたので

多分苦笑いしながら、謝ってるかと。

 

暑さ対策で、夏用の喪服を準備して良かったです。

これが前からある喪服だと辛かった。

着やすくてさらさらしてて、全然違いました。

 

それでも家から着ていくのはさすがに辛く

始まる前に着替えることにしたので、

母のと二人分、リュックに積めて出発しました。

 

電車は乗り換えも少なく、人も思ったよりは
混雑してなかったので安心しました。

 

母も私も、手足が弱く、ぶつかられたら
怪我をしてしまうので外出では気が張っています。

 

なるべく曜日や時間帯も混まない時、

歩くときも端の方等気をつけていますが、

スマホを見ながらとか、お子さん等は早くて避けられず、

ぶつかりそうになることも。

 

軽くぶつかった程度なら大丈夫そうって思うのは

私も分かるのですが、見かけではわからないけど、

大きなケガに繋がる人もいるんだと考えて下さる人が

1人でも増えてくれたらと思っています。

 

とりあえず着替えも終わり、 タクシーで向かいました。

道が混んでいて、少し遅れてしまいましたが、何とか無事に合流。

 

法要も滞りなく終わって、その後会食会へ。

家族か親しい友人以外の前で食事をとるのは避けていましたが、

今日はそうとも言っていられません。

 

従兄姉が全員揃う事もなかなかないので、

母の疲れ具合を確認した上で、参加する事にしました。

お座敷だったので、正座が出来ないのでと断って座りました。

しようとすると攣ってしまうので、申し訳ないのですがと。

皆「いいよいいよ」と言ってくれたので良かったです。

 

思った以上に、お料理の量があって、

従兄が「男でもきついぞ」と。

それを聞いた従姉達は「私は平気!」とパクパク食べていて、

男性陣は「こわ~」と言いながらこっそりビールをおかわり。

伯母の思い出話もしながら、あっという間に時間が経ちました。

 

最後は従姉が最寄りの駅まで送ってくれたので助かりました。

即喪服から普段着に着替えて帰途に。

行きよりも何故か帰りの方が早く感じるんですよね。

途中眠気に襲われたのもありますが、早かったです。

 

自宅の最寄り駅に着いて、駅チカのスーパーで買い物。

とりあえず今日の夕飯用の食材と、

疲れた時に、すごく飲みたくなる牛乳を購入。

 

会食で食べすぎて、お腹が減らず。

家族に用意はしましたが、疲れもあって

ご飯もそこそこにお風呂に入って寝てしまいました。

 

「早く体力回復させないと、明日の仕事が」

と言ったのは、私ではなく家族。

いつも気にかけてくれてありがとう。

母もお疲れ様でした。

今日は良く寝られそうです。 

 

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村