のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

何でも無理はしない

 

今日は美容院へ。

長い付き合いの美容師さんは毎回

「どんな感じですか?前回から」と聞いてくれる。

 

朝起きてブラシ入れて終わり位の私でも

何となく格好が付くようにカットでフォローしてくれる。

なので基本お任せなのだけど、今回はちょっとだけ相談。

 

「伸ばしているのは、周りの評判も良くて

 気に入ってるんだけど、襟足は短くしてほしい」

「あ、やっぱり被れちゃいます?」

「うん、暑くなってきたから汗もあって」

「了解です。スッキリさせましょう!」

 

私は生まれてすぐ位から汗かぶれがひどく、

シッカロールが手放せないのは書きましたが、

髪の毛にも弱く、かぶれやすいのです。

背中に髪の毛が入ったりすると、痒みが出るので

わざわざお手洗いに行って、服を脱いで払ったり。

 

なので、切る直前の長さだと、襟足がかぶれて

汗かぶれと両方で痒みが強く、辛かったのです。

襟足を見て、美容師さんもすぐ気が付いてくれて、

サッパリとしてくれました。

 

相談できるってありがたいと思いました。

復職前は美容院も控えようと思った時期もありましたが、

やっぱり気楽に相談出来て、体の事や病気の事も

知っていてくれるのは心強いです。

 

すっかり軽くなって、次回の予約を入れ、

満足して帰ってきました。

 

帰ると、母がどうも食欲がない様子。

元々余り食べないというか、受け付けない時があるので

食べられるときに食べられるものをと考えているのですが

その時の体調と、食べてみないとと言うのがあるので

難しい所です。

 

なので、私はがっつり食べたかったので、

夕飯は別メニューにしました。

 

私はずっと食べたかったタンドリーチキン。

母は絶対断らない湯葉と、焼魚。

後は少しでも箸が進むようにと、

小鉢系を何種類か用意しました。

 

少しずつなら食べられるようなので

少量で種類を増やすことに。

美味しいと結構食べてくれて良かったです。

 

ただ、どうしても好きな物ばかりになってしまうというか

メニューが偏るのが困りますね。

またレシピサイトでも見て、好きそうな食材で

新メニューを探すしかなさそうです。

 

f:id:kngsbg:20200727004620p:plain

 

食事が苦痛なの、病院で経験して辛かったので、

少しでも楽しんで食べてくれたら嬉しいですね。

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村