のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

従兄との会話

先日亡くなった伯母の法事の件で

父方の一番上の従兄から電話があった。

 

最初は母と話していたけど、

「代わってって言われた」と。

 

最近電話してくると、最後私に代わる様に言ってきます。

多分母だけじゃ心配なんだな。

昔から従兄は、優しくて心配性。

相変わらずだなと思いながら出ると、

 

「(私の名前)も大丈夫? 来られそう?

 叔母さん(母の事)は来てくれるって言ってるけど・・」と。

 

恐らく先日の告別式の時に、母の様子を見て

心配してくれたんだろうと思います。

電話越しでも心配してくれてるんだと伝わってきました。

 

 

私の病気の事も、特に親戚には言っていなかったのですが

先週母が従兄たちにも話したらしく、

「大病したんだってな・・。それなのにごめんな」と。

 

「うん、行くよ。大丈夫」と答えました。

ホッとした様な声で「ありがとう」と従兄。

ただ、当日の体調や、再度宣言が出ないとも限らないので

絶対にとは言えませんでした。

 

でも、とてもホッとしました。

通夜の時に体調を崩すほど、伯母を亡くして

ショックを受けていた従兄でしたが、

話している内に声も明るくなってきて、

少しでも笑ってくれて良かったと思いました。

 

お互いに親を亡くしているので、言葉は少なくても

何となく通ずるものがあります。

話せてよかったです。

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村