のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

名前がなくても分かる

私の仕事は、いわゆるバックオフィス。

 

窓口で対応している皆の処理のチェックや、

月ごとの報告書作成のお手伝いなどをしています。

 

イレギュラー対応などは、特にそうですが、

当然いつもいつもスッキリとした記載ではなく、

ありとあらゆるところに走り書きの文字が躍っている事も。

 

でも、さすがに毎日のように見ていると、

名前がなくても、誰が受けたか分かってきますね。

文字とかもありますが、実は書き方で。

この内容は余白のこの辺りに書くとか、

同じ内容でも〇〇さんはこういう表現で書くとか、

こう省略するとかで分かるのです。

 

同じ言葉なのに略し方とか、書き方が

それぞれ違って面白い。

たまに一瞬分からなくても、考えて分かった時の

達成感というか、爽快感がたまりません。

 

分かってくると、一部しか書いてなくても、

最初の様にいちいち聞きに行かなくても出来るので

最近は処理が捗る様になってきました。

 

それでも書き方とかにもその人となりが出るもので、

字のキレイさとかはではなく、ポイントをおさえて書いてくれると

それだけで惚れそうになります。

 

今日もたくさんの帳票を手に、皆さんが来ました。

「ごめん、今日はここまでしか出来なかった・・」

「今日はちゃんとぜんぶやったよ!」

とか言いながら、声をかけてくれます。

 

実際にお客様と対応している皆さんの方が

何倍も大変なのは、重々分かっているので、

そんな風に言って頂いて有難いと感謝しています。

 

たまに補足で付箋が貼ってあることがあるのですが、

人により、自筆のイラスト付きだったりして、楽しいです。

まだまだ気を付けて生活しないといけない日々が続きますが、

このまま乗り越えられたらいいなと思います。

 

 今日もお疲れ様でした。

 「帰ったら仕事は忘れる」は、直属の上司から一番に学んだ事。

また次の仕事まで忘れます。

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村