のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

トラブルで思い出した屈筋腱


 

今日は仕事の日。

出勤していつも通り業務を始めたけど、

サーバー系のトラブル。

 

クライアントへ提出するための

報告書のテンプレートが開けない。

 

月末で、締め日も早い企業だから困ったけど、

とりあえず同じ様なフォームで出来るところまで。

 

すると次々違う事でトラブル連発。

起きる時って重なるんだよね・・と思いつつも

全く仕事にならず。

 

元々1日の時間数が短いから、時間との闘い。

イライラしても仕方ないから、他の事をしていた。

普段できない細かい事が出来て、ちょっと助かった。

資料整理も進んでなかったから。

 

ファイリングしながら気づいた事。

便利だとか、優先と思う事が変わってきた。

前は進める順番通りにキッチリ揃ってないと嫌で、

開く頻度は二の次とまでは言いませんが、

流れ通りでした。

 

でもギランバレー後に、今の会社にお世話になってからは

出来ない事は補助してもらっていたけど、

皆も自分の仕事があるし、と効率重視。

 

使う頻度が多い資料だけをまとめたファイルを作って

インデックスも大きくて丈夫で見やすい物。

そういうことをしておかないと、指の力がないために

開くのに時間かかるし、重いファイルだと、

しまってある箱とか棚から取り出す事すらできないのです。

 

私の場合、指そのものに力が入らないけど、

MP関節*1を曲げる力はそこそこあるので

手を握る動きは入院中から出来る様になり、

そのおかげで物を持ったりはだいたい出来ます。

 

ずっと指の筋肉で曲げ伸ばしをしているのかと思っていましたが、

実は腕にある屈筋腱で行っていて、ケガなどで痛めると

曲げ伸ばしが出来なくなるそうです。

 

作業療法(OP)のリハビリで、先生が手首と肘の間を

押さえたりしていたのはそのためか!と思いました。

今でも指のリハビリをしたり、長く手を使うと痛みがでます。

 

 そして夜によくほぐしておかないと、

次の日痺れや痛みがひどくなったり、

握力が全くなくなって、食事用のフォークなどを持つのすら

重くて辛い状態になるので、しっかりマッサージします。

 

特に念入りにするのが、手首から肘にかけての

ちょうど2本の骨の間です。

力は入っていませんが、それでもイタ気持ちいい感覚。

 

親指の腹部分を使って、隙間なく3往復はします。

その後に指の曲げ伸ばしをすると、動きがスムーズに感じられます。

 

パソコン作業の多い方は、

ここのメンテナンスをすると

疲れがたまらずに良いと聞いたので

パソコン使う使うといいながらやっています。

 

前腕筋群を鍛える事で握力が強くなるそうです。

今は握力計を手に持って腕を下げ、

準備してる間に握力が奪われてますが

目指せ5*2

 

ファイルもリハビリの状況と合わせて、事あるごとに見直したので

今は結構便利に使えているのですが、

入った当初は、もっと開くの大変だったなと感慨深いものが。

 

ちょっとでも良くなってるんだなと

自分で思うことも大事です。

それでまた頑張ろうと思えるので、

私は患者の会とかでも、気づくと

言うようにしています。

(もちろん相手の意向に合わせてます) 

 

皆で良かった、良かったって

言いながらリハビリ出来ると

私は励みになります。

 

何でも、変化に気付いてもらえたり

認めてもらうと頑張れますよね。

少しずつ回復を信じてやっていこうと

改めて思いました。

 

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

*1:指の付け根の関節

*2:先生から言われている目標