のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

テレワークとかオンラインとか

 

外出自粛要請ということもあって、

会社はテレワークを導入したり、友達とはオンライン飲み会開催等

ニュースでも取り上げられていますね。

 

参加させていただいていた患者の会や各種セミナーも中止になったり、

もしくはこちらもオンラインになったりしています。

こんな状況ですし、その方がいいと思っています。

 

ただ、オンラインで皆さんとお会いできるのは嬉しいのですが、

参加者の方々が、画面上で見られますよね。

 

 ↓ ちょうど、こんな感じ。

f:id:kngsbg:20200509232205p:plain

 

〇〇さん、お元気そうでよかった!

と嬉しい気持ちになるのですが、

当然ながら、自分も見えてしまいます。

 

すると、顔面麻痺の残る、不自然な表情の自分を

まざまざと自分の目で見る事になるんですね。

 

試しに繋いでみた回線で、客観的に見られてしまう

自分の麻痺に、かなりのショックを受けてしまいました。

 

こんな風に見えてるんだと、洗顔等で鏡で見て知ってはいても、

映像でドーンと出されると、心の中は悲しみでいっぱいに。

 

母が「そんな状態で外に出したくないのよね、本当は」と

近所の人に話した言葉がまざまざと思い出され、落ち込んでしまいました。

 

参加したかった難病関連の交流会も、今回はオンライン。

初めての参加だったのが延期になっていて、改めて連絡をいただいたのですが、

今回受けたショックは大きく、返事が出来ずにいます。

 

元々視覚からの情報でショックを受けやすい所はあります。

食べ物の好き嫌いも、視覚で受けたショックがトラウマに。

なのでTVや映画は余り見ず、短い動画がほとんど。

 

きっと自分では封じ込めていた部分が、

ここで一気に表面化したんだろうなと思います。

 

簡単ではない事は理解したつもりでいても、

自分が特に治したい部分がという思いがどうしてもあって。

 

久しぶりに落ち込みました。

最初落ち込んでるのにも気づいていなかったのですが、

ふっとオンラインやだなって思ってしまって。

「あれ?」って思って、冷静になって見て分かりました。

 

結果的に良くなるかもわからないし、

いつ良くなるかもわからないし、治らないかもしれないんだから

今のこのままの自分でって思ってたんですけどね。

焦らずいきます。気持ちの上で、少しゆっくりしてから。

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村