のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

お湯痛くない?

 

寒い時期だけではなく、

お風呂に浸かるのが好きです。

 

熱めのお風呂もいいのですが、

すぐに熱くてクラクラしてきてしまうので、

ほどほどの温度のお湯に、ゆっくり浸かります。

 

前は音楽を聴いたりもしていたのですが、

最近は本を読んだり、マッサージやリハビリをしたり、

ほとんど聞こえない位の声で歌ったりしています。

 

今日書くブログはとかも、たまに思いますが、

余り考えないで出てきたままを書く方なので、テーマ位。

いずれにせよ、1人でぼーっとできる大切な時間なのです。

 

しかし。

ギランバレー発症からちょうど1年後くらいからでしょうか。

 

お湯に浸かると、肌に痛みを感じるようになりました。

特に冬は、乾燥のせいか、温度差のせいなのか

しばらく「いたたたた・・」とじっとして耐える位。

 

お湯が熱くてしみるのかとか、

入浴剤をいれたせいかとか、色々さぐってみたのですが

原因は未だ分かりません。

 

入浴剤の相性もあるようですが、

逆にお湯だけの方が痛い気がします。

 

特にお風呂を洗って一番に入ることになった時は、

正直痛むのが分かっているので、ちょっと身構えます。

 

痛みの度合いとしては、

何か傷があって、お湯に入るとしみますが、

それが広い範囲で起こる感じ。

 

動くと更に痛いので、入ってしばらくはじっとしています。

 

浸かる時には、勿論全身を洗ってからなので、

もしかしたら、こすりすぎで肌を痛めているのかとか

考えて、タオルなどを使わず、手に泡立てて

自分の手で洗ってみたり、ソープを低刺激の物にしてみたりと

色々とやってみたんですけどね・・。

 

水道水の塩素も原因の一つとしてあるみたいなのですが、

これに関しては先週、炭を入れると改善した話を

友人から聞いたので、ちょっとやってみようかと。

実践したら、また書きます。

 

それにしても、どうしてなのかな。

まだしばらく、お湯に浸かる前に

身構える日が続きそうです。

 

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村