のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

腹巻きの話から、冷え対策再確認。

 

余りにもお腹壊したり、悪寒に襲われたりで、

元々苦手なキッチンが、トラウマになりそうな今日この頃。

 今年は暖冬といわれていますが、私の低体温症は変わらず。

ちょっと寒い場所にいると、即お腹が冷えて痛くなります。

 

ちょうどギランバレーになって、退院してすぐの冬もそうだったな。

 

「何で?こんなんで?」って家族とかに聞かれながら、

辛くて「わからない」としか答えられず、ひたすら悪寒と闘ってました。

 

ギランバレーになる前もだったのですが、

疲れ気味だったり、風邪等の時は、食事をとるとお腹を壊すので、

段々とご飯を食べるのさえ怖くなります。

そんな時に冷え性の母から勧められたのが、腹巻き。

始めは信用せず、母の腹巻きを借りているのに渋々していました。

 

そしたら、まあ快適。

お腹が痛くなることも減り、食事も徐々にとれるようになりました。

 

その後、お腹の調子が良くなって、外出しても急に痛くならないだろうと

思える状態になったので、即自分のを買いに行きました。

 

ネット通販でもいいかと思ったのですが、母から

「貴女、すぐかぶれるのにだいじょうぶなの?」と言われ。

確かにと思ったので、一緒に買いに行きました。

 

借りていた腹巻きは貰う事にし、新しい物を数枚買い、その中の1枚を母に。

カイロを入れるポケット付きなんだと驚きました。

貼るカイロ主流な中、不要な事も多いですが、

貼れないカイロの方がお値段もお安いので、お腹用に買って使用。

腹巻きとカイロがあれば無敵だと思いましたね。

 

去年はかなり調子が良くて、腹巻きをしなくても大丈夫だったので

すっかり調子に乗ってしまったみたいです。

やはりもう、暑がりだったのは過去として、

2年前同様、お世話になることにしました。

 

一日中つけているのですが、これが快適で。

すぐにお腹痛くなるので、今年の冬のトラウマになりかけていた

キッチンでも、ある程度は持つように。

 

やはり、体を冷やすのは良くないのだなと思いました。

寝る前に白湯を飲む習慣は続けていますが、油断禁物。

突然体調が変わるんだから、自分で守らないと。

という事で、退院直後にしていた日課を復活させることにしました。

・腹巻き常用

・メディカルソックス(血栓防止用の医療用ソックス)を就寝時着用

・常温または温かいお水を飲む

あとは、サラダも元々温野菜が好きなのでそちらに。

朝晩の白湯も続けます。

内側から温めないとですね。

 

ちなみに、昨年だと思いますが、親しい友人から紹介してもらった

この本を参考に生活しています。

 

余りにもあれやれこれやれ言われてしまうと、やる前から嫌になりがちな

私なのですが、この本は分かりやすく、適度な文章量で助かりました。

 

体を冷やす食材や、思い込んでいた冷え対策等、色々勉強になりました。

これからまた薄着になっていきますしね、頑張って続けようと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

やせたければ体を温める! 体温アップダイエット [ 伊達友美 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/3/2時点)

楽天で購入

 

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ
にほんブログ村