のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

ちょっとした手間

 

身近な家族だからなのか、

ちょっとした手間が重なるとき

一瞬イラッとしたりしませんか?

 

小さいことなんですけど、

トイレットペーパーがなくなったままとか、

皆で飲む麦茶を毎回自分だけが作るとか、

洗濯物をちゃんとカゴに入れてくれないとか。

 

言っても一向に直らないってやつです。

 

本人は大したことじゃないと

思っているからそうなんでしょうけど

気づいちゃう方は・・ですよね。

 

本当に忙しくて出来なかったりすると

文句言う言わないの違いはあれ、

ごくたまにやってくれてたりして。

 

なら普段も気をかけてよって

言いたくなると、子育て真っ最中の

ママさんが言ってましたが、本当にそれ。

 

もちろん自分が出来るときは

やるんですけど、やっといてくれたら

小さい手間だけに、助かるんですよね。

 

同じことが職場で感じました。

私はいつも出社後1時間は、

所定の業務に集中しています。

 

それは、入力後の提出時間が

厳しく決まっているからです。

 

それを知っているのに、自分でやったら

頼みに来る時間で終わりそうなのを

差し込んでくるとちょっとだけ、

えーってなります。

 

しかも今日じゃなくてもいい分で、

今じゃなきゃいけないって理由がない。

少し考えて声かけて欲しいなって、つい思ってしまいます。

 

もちろん、退社時刻とかなら全然違ってきますし、

処理方法が分からないとかそういうのは別ですけど、

何で自分でも出来ちゃうことを簡単に頼むのかなって。

 

ちょっとした事なんですけどね。

そういうところで、ああ、そういう人なんだなって

つい思ってしまいます。

 

案件ごとに区分けして帳票をいれる場所があるのですが、

何度言ってもちゃんと分けない人、いますよね。

 

やらなきゃいけない事とか、ちょっと考えたら分かる事を

やらない人は苦手です。

ちょっとしたことで、お互い気持ちよく

過ごせるのにって思います。

 

けど、些細な事な分、気にならない人は

気にならないからしちゃうんですよね。

私にも何回も言われて、ようやくって

経験はもちろんありますし、わかります。

 

余りにも気にするのも疲れますし、

相手の状況を見て、今はって

気付ける様ではいたいと思っていますが

なかなか難しいですね。

 

f:id:kngsbg:20200826104447p:plain

 

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村