のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

毎年恒例 風邪で寝正月

何故か休みになると、風邪をひく。

 

しかも、年末休みは毎年恒例と言われているし、

ゴールデンウィークなど、大型連休も

かなりの確率でひく。

 

なので、連休=寝ているが多くて、

正直近づくと半分憂鬱。

 

どんなに気を付けても、

朝起きて「あれ? 喉痛い?」とか

「寒気する・・」とか。

 

ちなみに今回は喉から。

喉に来ると絶対長引くから、

真剣にうがいしたり、のど飴舐めたり

出来る限りのことをしました。

 

おかげで、声変わりまでは行かず、一安心。

(熱は出ましたけどね)

 

おせちもお雑煮も、

食欲は常にあるのでいただきましたが、

正直味覚が怪しくて、

ごちそう続きが、申し訳なく。

 

早く治さないと・・。

年明けの仕事、忙しいのは目に見えてる。

 

出かける予定もキャンセルして、

ひたすら養生しました。

 

ギランバレー後は、治るのにも

時間がかかるし、無理もきかず。

 

特に体温調整がだめなので、

積み上げた布団の中にいても、

寒くてガタガタ震えていたり、

今度は温まりすぎて暑くて汗かいて

風邪がひどくなるから着替えて、

その間に体温下がってまた「寒い寒い・・」

この繰り返し。

 

複視が熱でなのか、体調悪いからなのか

分かりませんが更にひどくて、

思ったところと違うところに物があって

踏んだり、ぶつかったりしていたので

最も必要とされていた、ティッシュの箱は

無残にもぺちゃんこになりました。

 

気を付けないと、本気でぶつかるし、

体調悪いと足も弱くなるので、

転ばないようにしないと。

 

しかし、どうして毎回風邪なんだ。

蕁麻疹が治まったと思ったら風邪か!

 

風邪が治まったら、また蕁麻疹なんだろうな・・

蕁麻疹もないときは、お腹壊してるし。

 

考えると落ち込むから、

とりあえず風邪を治そう。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

にほんブログ村