のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

難病患者 ごった煮会

今日はギランバレー症候群患者の会や
Twitterでお知らせがあった、
「難病患者 ごった煮会」へ。


f:id:kngsbg:20191116135528j:plain


・・見覚えある感じですが
ちゃんと今日も撮りました。


迷うこともなく、天気がいいなぁと
散歩気分で慶應大学(信濃町)へ。


廊下でちょっと躊躇。


実は、教室やお店等に
一人で入っていくのが苦手なので、
入るまでが大変・・。


うろうろして、帰ろうかと
思う時もある位。


図書館とか、本屋さんは大丈夫。
飲食店、教室やショップ、美容院とかは
本当に緊張します。


学校に遅刻して行ったときの
トラウマ?とか聞かれますが、
あれは確かに気まずい。
(経験ありすぎる)


何とか今日もその最大の試練を
乗り越えて、教室に入りました。


最初に加藤先生から、
本講座についての解説。



そのなかで、受容についてのお話が
毎回すごく響きます。



病気になった自分を受け入れる。
難しいと色々な方から伺いました。



なってすぐだけではなくて、
ずっと続いていく事のように
私は思います。



苦しかった時の事について、
考える機会をいただきました。



感じないように抑え込んでいたと
思いました。



2年経ったので、少しずつ
辛くなった事とかを、
悪いことじゃないんだと
認めながら向き合っていこうかなと
思いました。



言われたちょっとした言葉の話をして
泣きそうになりました。



皆さんの話を聞きながら、
病気で違いはない。
抱えてる悩みや、不安とかは
重なる部分が大きいなと思いました。



これからも機会があるごとに
色々な方とお話をしたりして
自分のこれからが豊かになれば
いいなと思いました。



素敵な時間でした。



終わった後、喫茶室でいただいた
ケーキセット。

f:id:kngsbg:20191120010842j:plain

(土)だったので、お得なお値段に
なりました。
200円位お安くいただけます。
食べる言い訳に使えます。

美味しく頂いていたら、
会で話したことについて、
そっと寄り添ってくださった方がいて
また泣きそうになりつつ、
心から嬉しかったです。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村