のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

午後がくるのが怖い

今日は休養日。

 

昨日の旅行中は

アドレナリンのせいか

元気でしたけども、

今日は魔法が解けたかのようにグッタリ。

 

出かけている間なんとかなって

何よりではありますが

家に帰ってからは口をきく元気もなく。

 

仕事の後もなのですが、

不機嫌なわけではないんだと

家族が分かってくれて、最近は助かってます。

 

話を戻して。

今日に限らずではありますが、

午後~夕方になると、少しドキドキします。

 

というのも、何故か昼頃から

忍び寄ってくるモノが。

 

それは、蕁麻疹です。

 

昨日の旅行もだったのですが、

午後15時過ぎからでしょうか、

ふっと体の一部に違和感が。

 

日によってなのですが、

最近、手の甲や親指の付け根

腕全体や肩口、脇の下、足の甲等が多く、

首筋や頭のてっぺんも

よくあります。

 

感覚なのでうまく言えないのですが、

「あれ?」って感じが最初にして、

少しすると、赤みが増してきます。

 

そうなると、次はかゆみが来て、

赤い斑点が広がる事も有れば、

掻きむしった後のように、ぽっこり赤く

広い範囲が腫れあがることもあります。

 

頭皮は赤みを帯びているらしく

美容師さんに「カラーどうします?」とか

毎回聞かれてて、気になってはいるのですが

痛みが出る日は少なく(よほど体調が悪いと出ます)、

検査をしても、数値に出たりせず、自律神経と言われます。

 

元々、かぶれやすく、肌は弱い方ですが

ギランバレー症候群になった時、

その自律神経がかなりダメージを受けたと聞きました。

 

特に難しいのが、体温調整。

発症時は、室温16℃とかにしてもらっているのに、

夏だったとはいえ、体温が下がらず

発熱時用の保冷剤を体の周りに12個置いてもらってました。

 

今はそこまでではないのですが、

暑いと思っていたはずが、急に体温が下がって、

冬用の布団や毛布まで掛けてもらってガタガタ震えてたり

低体温症のようになって、急に廊下で倒れたり、

動けなくなったりもします。

 

そんな感じなので、蕁麻疹で病院に行っても

自律神経でしょうと言われるのですが

出始めると、勿論痒いし、眠れないし、

疲れで更に出るしの悪循環。

 

今日はいただいた痒みを抑えるお薬を飲んで、

薬の力で無理矢理ぽいですが寝られたので、少し治まってました。

 

が、夕方になったら、お薬が切れ始めのか、

肩口から脇の下、手全体にバーッと赤みが。

 

お薬なるべく控えてるんですけど、

今日も飲まないと寝られないかなと悩んでいます。

 

足が冷たくて仕方ないのですが、

冷えると攣りやすくなるのに

ひざ掛けなどをかけると布が擦れてか痒くなるので

かけて、取っての繰り返し。

 

季節の変わり目は、毎回なんですけど、

特に秋→冬は毎年ひどいです。

 

体調のいい日が少ないので、

季節としては好きなのですが憂鬱。

 

早く治まらないかな。

 

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村