のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

風邪でもリハビリ?

風邪は治ってきましたが、咳と鼻は継続中。

熱っぽさ、悪寒、鼻水、咳等

あらゆる風邪の症状が一気にきて、辛かった。

 

さすがの私も、ほぼ寝っぱなし。

少し良くなったら、腰痛が。

同じ体勢とかではなかったはずなんですけどね。

 

でも、具合が悪い時って

天井を見ながら寝ているので

ギラン・バレー症候群で入院した直後の事とか

思い出したりします。

 

あの時と違って、寝返りも打てるし、

起き上がりも、お手洗いに行ったりも

勿論できるのですが、

ああ、こうだったな・・と

まざまざと思い出します。

 

そして、熱でぼーっとしていて

考えているわけではなく、

本当に無意識になんですが、

足の運動をしていることに気が付きました。

 

足首をクルクル回したり、

ペダルを踏むように上下に動かしたり、

左右に動かしたりしていたのです。

 

そういえば、まだほとんど動けなかった時に

一番に動かせた足首を動かす様に言われて

最初に始めたリハビリがこれでした。

 

尿道炎で高熱が出ても、

グロブリンの副作用で蕁麻疹が出ても、

何故か無意識にもしてしまっていた事。

 

それを未だに、寝込むとしてしまうのです。

しかも、気づくとしている。

習慣って恐ろしいですね。

 

具合が悪くなくても、

何となくしていることはあるのですが

何故か具合悪くて寝ていると顕著。

 

気付くと足首が動いていて、

無意識なのは分かったけど、布団が動いてて怖いと

家族に言われます。

 

ちなみに、ペダルを踏むように、

足首を上下に交互に動かす動きは、

歩くのと同じ効果があるとPT(行動療法)の先生から

習いました。

 

歩くのが辛い時でも、

これが出来るならやった方がいいと。

 

例え見かけではわからない位になっていても、

本人が自分で元に戻れたと思うまでは

リハビリは続く気がするのです。

 

これからもやろうと思います。

必死にやっていた時の事、忘れない様にいようと思いました。

諦めず、焦らず、続ける。

 

ほんの少しでも、気のせいかもみたいな

感覚だけでも、急に変わる日が来るんです。

それをつなげて、丸2年が過ぎました。

 

諦めないって、この病気には特に

大切な気がします。

 

無意識のおかげで、何だか初心に戻れました。

風邪は辛かったけど、よかったです。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 病気ブログ ギラン・バレー症候群へ
にほんブログ村