のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

本能でなのか、怖かった。

今日は、手羽元の唐揚げ。

 

下ごしらえはしてくれていたので、

それをオーブングリルで調理。

 

油を使わないで出来るのは

本当に助かる。

 

その間に、サラダなども用意して

いよいよ食べる。

 

なのに、余り食べられなかった。

 

大好きな鶏肉なのに。

何よりも、唐揚げ好きなのに。

しっかり自分で確認して、

しっかり火も通っているのに。

 

食べているとき

自分でもわからないんだけど

怖いって思ってしまった。

 

食べながら、どんどん怖くなって

食べられなかった。

 

ちなみに私がギランバレーになった時、

発症直前にお腹を長く壊していたので、

カンピロバクター食中毒からの感染で

なった可能性が高いと説明されました。

 

特に軸索障害型のギラン・バレー症候群に多く、

私も軸索障害型です。

 

そして鶏肉がカンピロバクター食中毒に関与している症例が

多いということがわかっているそうで、鶏肉の加熱不足等が

直接の原因ではないかと言われています。

 

でも、私は直前に鶏肉を食べておらず、

その時期に食べたのはお刺身。

元々大好きという事もなかったのですが、

原因の1つと考えられ、今はお刺身は控える様に

指導されています。

 

なので鶏肉は、茹で(鍋物やスープなど)以外は

平気で食べていました。

茹では入院中から何故か体が受け付けず、

今思えば怖かったのだと思います。

 

焼き鳥も大好きですし、

唐揚げも大好き。

 

なのになぜなんだ・・・

 

何とももやもやした気持ちで

自室に戻り、

落ち着いて考えてみました。

 

すると、今までも何度か

漠然とした怖さを感じた事があって

今まではお刺身とか

生のお魚ばかりでした。

 

でも、今日のは本当に強烈で

本能からみたいな感じで

「怖い!」

ってなりました。

 

もしかすると、その頃

手羽元と大根の煮込みを

食べてた事があったので

それかもしれないと思い出しました。

 

お刺身も軽くですが

「怖い」と思う回数が多いので

これも本能なのかなと。

 

そして更に思ったのは、

体が疲れを感じているとき、

恐怖心が大きくなるという事。

 

最近はものすごく疲れを感じていて

あちこち痛むし、

ぼーっとしていて転びそうな時も。

 

なので尚更食事に関して

体が反応したのかなと思ったのでした。

寝なければいけないんですが、

どうにも寝られません。

 

より気をつけて体を

休めないとと思ったのでした。

 

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村