のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

任せてもらえるのは嬉しい

今日は出勤日。

明日もなので、基本的に連勤の時は

可能な範囲で自分で仕事量を調整。

 

主に任せていただいてる職務は

日/週で処理件数のノルマがある。

 

大変な反面、調整や管理もしやすいし、

いざとなれば週単位、月単位で見ればよく、

日によって疲労度や体の動ける度が変わる

私は、前の内容と比べて助かっている。

 

患者交流会でも話が出たけど、

復職の時に、病気について話すかどうか

また、しばらくしてでも話すかどうか等も

人によって回復度や後遺症の異なる

ギラン・バレーではさまざまらしい。

 

私は入院中に、いつまでかかるかというのもあり、

仕事を辞めてしまったので、復職の時は面接を受けた。

 

その時の話はまたいずれ書きますが、

病名も今の状態も伝えて、その上で雇って頂いたので、

今でも相談はしやすいし、管理者の方も

理解して下さるのでありがたいと感謝している。

 

さらに新しい担当職務でも、

新たにもう一つ、業務を任せていただくことになった。

 

システムが複雑で、正直分からない事ばかりだけど、

やらせてもらえるのは楽しいし、有難いので

少しずつ何とかと思っている。

 

でも、右腕の負担が増えて、

左手も庇う為か、ますますじっとしていられなくなった。

 

小刻みに震えが出るのはずっとだけど、

その震え具合が大きくなったし、

例えば普通に座って、手を揃えている

つもりが、常に震えている状態。

 

じっとしているというか、

そもそも意識してない状態でも

動いてしまう感じ。

 

特に元々症状が強かった

両手の小指は、震え、痺れ共に

強いのですが、きれいに伸びておらず、

力も入らないので特に震えています。

 

仕事中には、あまり気にならなかったはずが、

最近気になる程震えるので、入力の時などに

ふと手を見つめてしまいます。

 

帰ってからの疲れも強く、

寝てしまうことも増えてきたので

更に担当を追加したいとのこと、

嬉しいのですが、不安も。

 

見かけでは、より分かりにくく

なってきたのですが、

体力面が本当に読めず。

 

どこまで出来るかなんですが

日によっても違うので、

今まで以上に体からの声に

気を付けて過ごすことにします。

 

 ↓クリックいただけると、励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村