のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

これは歩きやすかった

ギランバレー症候群発症から、もうすぐ丸2年。

ちょうど今頃は、ひどくお腹を壊して、

毎日どうなってるんだろうと思いながらも

過敏性腸症候群のせいにしていた時期です。

 

私は手から症状が出て、足、顔と進んでいきましたが、

最初に改善したのは足でした。

今では手は少しずつ、顔も更に少しずつ

神経が繋がってきたのかな?位です。

 

杖も車イスも、腕の力や握力が弱いので使えず、

歩くなら足だけでなんとかしないとという状態でした。

 

なので転ばない様にと、靴もスニーカーばかりでしたが

夏は暑いので、クッション性がある程度あって

脱ぎ気がしやすくて、歩きやすくて・・と

かなりわがままなことを考えながら靴を見ていました。

 

指がきかないので、ボタンで留めるとかは難しく、

余り固い素材だと肌が弱いのですぐ靴擦れのようになります。

だからと言ってすぐ脱げるようだと転倒の危険があるし、

転ぶと手でとっさに支えたり、捕まったりも難しいので大ケガの危険が。

 

諦めかけていたところ、これはいいよと聞いて

買ってみたのが、TEVAのサンダルでした。

マジックテープで、私でも何とか脱着出来て

一度止めてそのままでも脱いだり履いたり出来る感じ。

歩きやすくて、疲れにくいし、とても良かったです。

意外と滑りにくく、足に合わせて調整できるところが

気に入りました。

 

 

最初黒だけかと思っていたのでですが、

探してみたら思った以上に豊富でした。

もう一足買っちゃおうかと迷っています。

扱うショップも豊富ですし、色々見てみたら

かなりお得に買えて嬉しかったです。