のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

四つん這い辛い

今日は休みでのんびり。
起きて飲み物を取りに行ったら、
廊下を母が拭き掃除していた。
普段は腰痛があるから
モップを使っているのに・・
どうしたのか聞いたら、
たまにはちゃんと拭かないと気になると。
2ヶ月前は全く出来なかったけど
母も辛そうだし、挑戦してみた。
四つん這いの練習。
まず転ばないように
ゆっくりとつかまりながらしゃがむ
お尻をつき、一旦足を前にして座る
ゆっくり、どこも攣らないように
左手を床につけて、体を支えながら
片足ずつ後ろに曲げていく
斜め座りになったら
左手に力を入れて体を起こす
これでようやく四つん這いの姿勢
ここまでで、約5分位
既に疲れを感じている
雑巾を右手に持って
少しずつ拭いていく
力は入っていない感じだけど、
何とか拭き掃除の形にはなった
ほんの1m四方くらいで息が上がる
支える左手はぶるぶる震えるし
右手は左右に動かすので精一杯
この体勢辛い・・
結局2m×2m位でリタイア
お母さんは喜んでくれたけど
ごめんね、次はもう少し出来たらいいな
夜になったら、
両太ももの前側の筋肉痛
立ち上がりとかでも痛くて
あれだけで?とビックリした
まぁ春くらいには、
四つん這いになるだけで
息はぜいぜいしてたし、
脇腹とか攣って酷かったから
まだいいのかな
まだまだ練習です