のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

顔につい力が・・

顔面麻痺が強めに残っているのが
目と口の回り


急性期病院に入院していた頃
麻痺が強くて下に下がっていて
それが気になっていたので
少しずつ感覚が戻るにつれ
常に力を入れてしまう癖がついてしまったみたい

おかげで普通にするというのか
自然にゆったりするのがどうだったのか
分からなくなっている

目の回りについては
マッサージなどはしているものの
頬骨のあたりが固まっている
上下の動きは比較的出来るけど
左右は全くに近い

入院中から続けている
「い」「う」の口の形
思いっきり力を入れると
一応横に唇は引っ張られているけど
目は瞑ってしまうし、開いたままでは出来ない

歯がきれいに見える程度まで出来れば
笑顔も作れるのに

表情筋の運動について
色々やってみるけど
やりすぎると首が攣ってしまうし

何かいい方法ないかな