のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

電話の子機は強敵だった

今日は手続きの為に自宅から電話を掛けた

 

いわゆる自動音声につながって、

用件に沿って番号を入力していく

 

自宅にいたので、子機を使ってかけていたけど

子機のボタン押すの大変!

 

「〇〇については3」等と言われて

一生懸命押してるんだけど、

子機の方は押されてない感覚の様で

ガイダンスが「〇〇については・・」と繰り返している

 

指では弱いみたいなので、

仕方なくツボ押し用の棒で押したら

やっとわかってくれた

 

良かった・・・

 

タッチパネルでもたまに

反応しないことがあるけども

押した感覚があるのに

反応しないってちょっとショック

 

おかげで本日の力を使い話した様で

しばらく指に力が入らず、プルプルしていた

 

ボタン関係は指の関節で押せそうなら

そっちでやるけど、子機はね・・

 

ツボ押し棒、顔のリハビリとかに

日頃から使っているけど、

今度からは電話の時も念のため

手元に置くことにしよう

 

小指と親指の根元が一番弱いけど

まだまだ指自体には力入ってないんだな

 

他の動きはどうかと、指のリハビリをしてみた

【親指と、他の指を付ける

左右とも軽くなら出来る様になったけど、

くっつけるだけじゃなくて力を籠めると筋が少し痛い

手の甲の、指の付け根の骨の部分が痛む

人差し指以外は結構痛いから、少しずつにした

左右とも親指と小指を考えないで動かすと

指先ではなく小指の内側の横になってしまう

ちゃんと指先にすると痛い

 

【指を伸ばす

少しずつ出来る様になっているけど

小指は左右とも伸びきらない

去年の今頃は、伸ばそうとすると

指を閉じて伸ばすことが出来なくて

パーの手のままだったけど

少しずつ揃えることは出来る様になっている

 

【握る】

形としては出来ているけど

左手は中指の甲の筋が痛い

グーパーの動きをしているけど

甲の筋は固いままみたい

 

内外筋が弱くて、手の平を上に向けるのは

(腕を外側にひねる。採血や注射の時みたいな動き)

未だに本当に苦手というか、辛いというか痛いというか・・

なので、ひねる動きをしなくていけないときは

緊張するし、トラウマみたいになってるし、

正直なるべくなら避けたい

 

ちょっとずつと言い訳しつつ、頑張ります