のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

暑がり復活-汗と体感温度-

私は元々は、とにかく暑がり

 

皆が長袖でも半袖、

3シーズン半袖だよね・・って

言われてきました

 

ギランバレーになる直前となった直後は

異常な汗をかいていました

発症時真夏(8月)とはいえ、

クーラーを入れてても

滝のような汗というのがピッタリな程

ひっきりなしに汗が流れていました

(かいているとかではなく、

 常にダラダラ汗が流れている)

 

なのでしょっちゅう水分を取るのですが

顔面麻痺でコップでは飲めなくなっていて

こぼすことも多かったし、

ストローも吸えなくなっていたので

本来なら喉が渇いたとなるはずでしょうけど

全くそういうのも感じなくなっていました

家族が見かねて飲ませてくれていましたが

本人はそれよりも暑いとか、だるさ、疲労感が強かったです

 

急性期病院では保冷剤で全身冷やされてた時期と

保冷剤の数が減ってきたら、室内温度22℃固定

リハビリ病院でも、10月なのに24℃でした

 

発症して半年~1年後からは、

暑がりはすっかり息をひそめ、今度は極度の寒がりに。

 

「長袖をこんなに着ているの初めて見た!」

と、周りから言われるほどで、

なるべくなら履きたくない靴下も、分厚い冬用。

重ね着をして、さらに着る毛布を着ていないと

部屋の中でも冷え切ってしまうのです

 

それでも急に痛いほど手足が冷え、

布団にもぐってガタガタ震えることも

冬はしょっちゅう、春や秋にもよくあり、低体温症で

起き上がれなかったり、寝込んだりしました

 

それが今年は何だか暑がり復活の兆し

春先から暑くて仕方ない日が出てきました

周りが長袖でも、暑くて仕方ないのです。

それはそれで相変わらず自立神経イマイチガーン

 

けど暑いと感じるのが久しぶりで、

何だか懐かしいような、体が戻ってきたような

嬉しい気持ちになりました

でもきっと、ちょっと涼しい日とかには

冷え切ってフトンでガタガタ震えるんだろうな・・

 

自律神経との折り合いはまだまだ先みたいです

白湯を飲みだしてからだいぶいいので

寝る前と朝起きてすぐの白湯は続けようと思います