のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

いつも間違えますが、咲きました

 

f:id:kngsbg:20190812234729j:plain

何故かいつもグラジオラスと
言ってしまうこの花
正解は、シンビジウムでした
キレイに咲いたなぁ。

 

なんて言っていて、ふと気が付きました。

「シンピジウム」ではなくて、「シンビジウム」なんですね。

実はずっと「シンピジウム」だと思っていました。

 

ついでに調べたので、ご紹介。

 

名前:シンビジウム

学名 :Cymbidium

ラン科・シュンラン属の多年草の植物で、

原産地はインド、ネパールといったアジア・オセアニア地域。

開花期:12~5月

花言葉:『飾らない心』『素朴』『壮麗』『華やかな恋』『高貴な美人』

    『誠実な愛情』『深窓の麗人』

長く花を楽しめる事も有り、プレゼントとしても人気がありますよね。

4大洋ランの一つでもあります。

(後の3つはカトレア、パフィオペディルム、デンドロビウム)

 

柔らかい色合いの花がたくさん咲いて、

華やかで可愛らしくて好きな花です。

ランの仲間の中では、育てやすいと言われている様ですし、

色の種類も豊富なので、いくつか欲しいなと思っています。 

 

ランキング参加しています。
↓クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村