のんきまいずむ

無理のないシンプルライフを「ちんまり暮らし」と名付け、見直す日々をのんびりきままに。ギランバレー症候群闘病記も少しずつ更新中。

楽しめるといいな。

 

f:id:kngsbg:20200819014003p:plain



 
 
今日は朝から、お父さんを入れて4人兄弟の集まりの話でバタバタ。


なにせ70代半ばのお父さんが一番下。
一番上のおばさんは90歳位・・・


どこで集まるとか、何を食べるとか、
日付も場所も、決めてても早すぎると忘れてる。
でも、やっぱり文句言いつつ楽しいらしい。

私は兄弟がいないから、
面倒くさそうと言いつつ、うらやましかったり。


耳が遠くなった一番上のおばちゃん。
大きな声で話さないと聞こえないから、
お店では集まれないと言われてて寂しそう。


確かに、道で話してても振り替えられたりする位じゃないと、
殆ど聞こえてないみたい。


大好きな歌も、演奏が余り聞こえず、ずれてしまう。


ず~っと続けてた歌の集まりも、
それを知って、もうやめる、と。


「ころ、年をとるって、悲しいわね・・・」


何も言えなかった。



皆は恥ずかしいからだれかの家で集まろうと言ったらしい。


でも、

「普段は家から出ないから、
そういう時位出たい。

電車に乗って出かけたい」


気持ちは分かる。

もともとショッピングとか大好きなおばちゃん。



そこで、沿線で行かれる距離で大きい駅で
いつも通り集まることになった。


問題は店。
美味しくても、静かなところは難しい。
個室でも厳しいかな・・・


色々考えている内に、ふと浮かんだのが 
カラオケボックス・・・

歌が大好きな兄弟だし、 
飲み物も食べ物も頼めるし、
大きな声を出しても大丈夫。

困ったら歌っちゃえばいいんだし。
ということで、さっそくパーティルームを予約。


平日の昼間で安く、
更にシニアの人がいると、割り引いてくれるらしい。 
予約できたと伝えたら、すごく喜んでくれた。


おばちゃんの大好きな百貨店も、駅からの通り道。
「ちょっと早めに着いて、軽く見て行こうね」
そう言ったら、ちょっと泣きそうになってた。

前回会った時、帰り途手を握って、 
「会えてよかった・・・また会えるよね・・」
って、ず~っと言ってたおばちゃん。


お人好しすぎて、損ばっかりしてるおばちゃん。 
今回は体調良くて、来られるといいな。 
「楽しみにしてるからね」

こちらこそ。 
元気で来てよね。 
おばちゃんの好きな演歌、
ちゃんと復習しとくからね。